VisualCenter1の機能

業界標準のXMLはテキストでありながら、データベースと同様にアクセスや検索ができる特性を持っています。この特性を生かし、XMLオブジェクト指向のデータ構造を持つ、オンメモリー型DBとして開発されたのが「Visual Center1」です。

 

 

オブジェクト指向データ構造のメリット

  • オブジェクト同士の自由なリンク
  • 構造化データと非構造化データとの簡単紐付け
  • 項目データの追加・変更が容易
  • ダイナミックで柔軟な構造変更が可能
  • 高速処理

 

VisualCenter1は多くのユーザに使いやすい機能を実現しました!

  1. あらゆる台帳データを階層的に管理/表示できます
  2. 既存の台帳データを取り込むことができます
  3. 台帳情報は瞬時に検索、集計が可能です
  4. CADのイメージやVISIO、Excelの図面情報取り込みと台帳情報を連動させて表示ができます
  5. 配置図表示することで視覚的な操作が可能です
  6. 階層内で選択された対象の台帳情報を画像を含めた自由な形式で表示できます

 

◆ システム要件

VC1起動時にオンメモリ上のデータをローディング、各PCのオンメモリデータベースの情報は、ファイルサーバを介して同期、排他制御が行われます。