ESS REC 概要

システム操作証跡管理ツールのデファクトスタンダード
操作記録ソリューション ESS REC
 
内部統制にも対応可能なセキュリティ対策ツールを提供します
ESS RECは、運用操作の不正を追跡する事ができる「システム運用操作のトレーサビリティシステム」です。システム運用の操作内容を動画イメージで克明に記録し、記録を動画再生する事で、誰にでも簡単に操作履歴を分析、不正操作を発見する事ができます。
システム運用操作の「記録」「蓄積」「報告」「監査」のPDCAサイクルを提供し、システムマネージメント部門の内部統制の運用を強力にサポートします。
 
サービスの特徴・導入メリット
 
1.記録データの蓄積
操作を記録・監視しているREC Agentが収集した記録データは、暗号化・圧縮されるため、長期間にわたって安全に効率よく管理できます。
 
2.特定操作の自動レポート作成
集められた全ての操作記録を監査ルールに基づいて定期的に自動検査し、結果をレポートとして監査部門に送付する仕組みがあります。
 
3.操作内容を再現
取得されたデータは動画イメージで記録されているため、誰が、いつ、何を、どのように操作したかを克明に再現、把握する事が可能です。

サービスイメージ(操作記録ソリューション(ESS REC))

サービスイメージ

クライアントPCの操作を動画イメージで記録して、暗号化されたデータとしてREC Serverに蓄積し、自動的に監査レポートが出力されます。操作記録の詳細は、REC Administratorで記録データを再生してPC操作を確認する事ができます。

サービスイメージ(操作記録ソリューション(ESS REC))

 サービス内容

  1. お客様の環境に最適なESS REC構成のご提案
  2. ESS REC環境の設計・構築作業
  3. ESS RECの設定
  4. 監査サポートの設定
  5. ESS RECのサポート
セキュリティリモート保守ソリューション(RAA)